【ライブレポ】Rhapsody Reunion Farewell Tour - 11/7(東京2日目)

私をメタル・ワールドに導いてくれた勇者たちが、日本に凱旋したので、ライブを見に行ってきました!

2014年の、スタロポリはいるけどルカがいない来日から早3年。

当時の記事→ Rhapsody Of Fire 渋谷公演レポ

「ルカのバンドが来たら行くぞ!」と思っていたら、なんとRhapsodyで来てくれました。嬉しい限り。

流石にルカ・ファビオ・スタロポリ、と揃うのは難しいのかなぁ〜。

 

写真はサムネのやつ以外撮ってませんが、そのうちイラストを描くでしょう。描いたらこの記事にも載せます。

 

続きを読む

他人の幸せを、無理して喜ばなくてもいいんだよ

こんばんは!

私は闇の味方夜の住人でいたいので、いつでも「こんばんは」です。

使い魔を得られるとしたら、絶対カラスがいいですね。トカゲとかカエルもいいなあ。とかいって、トップ画像は猫なんですが。

さて、久しぶりに瞑想をしたら、いい気づきを得られました。

個人的に「風呂とトイレはアイデアの泉」だと思っているのですが、風呂に入りながら瞑想をしたら、こうなりました。

続きを読む

休む技術:役立たずの自分になる時間

こんばんわ。

最近、あまり記事を書かないように気持ちを仕向けていました。

疲労や体調問題が重なって、無意識のうちに元気がなくなってたようです。それで、しばらくは低空飛行をしておこうという事です。

 

休むにあたって、自分の行動や精神状態を吟味してみました。

そこで分かったのは、いくら趣味で楽しくても、思考や制作という行為は労働だということです。どんなに好きなことでも、動けば体力を消費するのです。

そんなわけで今回のテーマは「気持ちからしっかり“休む”こと」です。

続きを読む

人生の成功?失敗?…どうでもいい

こんばんは。

新しいことを考えたので、記事を書きます。

 

「瞑想の気づき」系記事の最終更新は、約3ヶ月前のコズミック・シャワーとなり、これ以降しばらく考えたり考えなかったり、うっかり自我に振り回されたり、バックグラウンドで考えていたりしたのですが、思索がグイッと進みました。

続きを読む

人生の導きの書をたくさん持つ

お久しぶりです。

最近の考えを書きます。

 

お釈迦様の教えを読んで「なるほど〜」「わかるな〜」と思いつつも、「こうじゃなければ間違っているんだ」とか「私はまだまだ未熟なんだ」と感じることが多いです。「もっと努力せねばなあ」と思っちゃいます。

努力・向上はいいんですが、それで毎日「未熟者!」と自分を苛むのは、あんまり良くないな、と思いました。

私の元々の性格なんでしょう。「そんなに思いつめなくてもええ」と考え直しても、その慰みは他人の言葉なのです。

 

たまに瞑想がうまくいったり、ふとしたキッカケで「無我モード」に入ります。その状態の時は、お釈迦様が言っていることを心底理解でき、心穏やかです。

しかし、日常生活をしながらこれを維持するのは、相当難しいです。

「無我モード」に入るのと同じく、ふとしたキッカケで「よっ」と自我君が出てきます。

筋トレみたいなもので、毎日基礎トレ(思考停止)をやる大変さ+「今日はうまくできなかった」という日もあります。それでも昔よりは心穏やかなのですが、出家でもしない限り「一切皆苦」なのかもしれません。

心とはそういう作りなんでしょう。まだ俗世にいたいから、しょうがないね。

 

「預流果に入ると、仏道が真理と分かって、方向を変えなくなる」と、色々なところに書いてあります。

この「悟りへの階段の話」は、過去記事「コズミック・シャワー」に書いたように、今はあんまり参考にしていないのですが、自分をあえて当てはめるなら「無我モード」を体験してるので「普段は一来、ときどき不還」かなーと考えられます。

でも、お釈迦様の教えを聞くと「まだまだだぁ」と思ってしまう。それで悩んでしまう。じゃあ凡夫なのかって、よくわからないんですね。

で、私が仏教を勉強したり瞑想に取り組んだのは、「この世の真理とは何なのか?」「もうちょっと楽に生きられんかね?」と思った流れからです。

真理が「諸行無常」というので今の所納得していますから、ここはクリアですし、目的は「楽」ですから、そこに行けるなら別に絶対仏教一筋じゃないといけないわけじゃないんですね。

仏教で言ってる「諸行無常諸法無我・苦集滅道」の感覚は合ってると思うので、仏教もいいんですけども、それ以外にもいろいろな参照先があったらクッションになるかなあと、つまり「人生の導きの書」は何冊も持ってていいんじゃないかなぁ、と考えた次第です。

 

まだ若いので、いろいろ試してみようということです。