読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「夢の」技術

最近「人の体感温度を検知して、風を調整するエアコン」のCMが流れていますね。

技術自体は素晴らしく、確かに「人の役に立つ機能」で便利です。

しかし、やっぱり「便利すぎる技術」は人々を幸せにはしないと思うのです。

今回は、そのへんを絡めて、生きる苦しみを減らす方法について書きます。

 

大人になると忘れてしまうこと

子供を育てる時は、何でもかんでも与えないように気を付けます。我慢すること、いつでも思い通りになるわけではないことを教えるためですね。

そしてそれは、子供が幸せに生きるための術であるはずです。最低限のルールを守り、時には辛抱することで、自分の身が守られるんだよ、と教えているんですよね。

子供にはちゃんと我慢や共生の大切さを教えているのですが、大人になると「もっと便利になるべきだ」「もっと良いものが欲しい」などと思うようになってしまいます。

そして、そういう気持ちは「発展に必要な材料」としてどんどん煽られて、どんどん叶えて便利にして、どんどん「素敵な世の中」にしようとします。

まあエアコンの技術くらいなら叶うのですが、どうしても叶わないことがあるじゃないですか?

 

生き物には最期がある

いくら若かろうが、稼いでいようが、イケメンだろうが何だろうが、最終的には死を迎えます。薬で寿命は伸び、新幹線で一日の密度は増えるのですが、最後に死ぬということ、これだけはどうやっても変わりません。不老不死の技術ができても、核戦争が起こったらお終いですし、何もなくてもそのうち地球や太陽は無くなります。どこの星に逃げても最後は同じです。

一方で、殆どの人の目的は「なるべく苦しみを取り除き、良い人生を送ること」です。だから発展したがるんですよね。

でも、いつか死ぬのが決まっている以上、それから目を逸らして発展のことばかり考えていたら、いつまでも「死」という根源的な苦しみ、悩みが付きまといます。

 

「もっと〇〇すれば、満たされるはず」?

「いつか死んでしまう」という大問題を放置して、全然関係ないことにばかり取り組んでいるから、いつまでも満たされないのです。

多くの人達は「もっとああなったら、幸せになれる」「もっと沢山あったら、嬉しい」と思っています。その目標をクリアすれば満たされるんだ、と思って頑張っています。

でも、これは延々と応急処置をしているだけなんです。発展で死から目を逸らしているだけ。それだと根本的にはずっと満たされないんですよ。

例えば、足を骨折してるのに、腕を鍛えれば、とりあえず何でもいいから "努力" すれば、努力のパワーで足も治るでしょうか。お金があれば、愛があれば、勝手に治るでしょうか?

そんなわけないですよね。足を治すなら医者に行きます。死への恐怖も、「ここを乗り越えるぞ」と向き合わないと軽くなりません。

じゃあ、どうすれば苦しみが軽くなるのか?お分かりですね。

「自分はいつか死んでしまうんだ」という現実に、しっかり向き合うのが第一歩です。

全てのことは、常に変化し続けています。今こうして私が記事を書いている最中も、私の細胞は生死を繰り返して老いていっているわけです。

どんなに頑張っても、結果を残しても、最終的にはみんな死んでしまう。自分も、自分の子供も、孫も、最後には死んでしまう。この現実に逃げずに向き合って、ちゃんと絶望する。そうすれば、「もっと発展すれば上手くいくはずだ」「〇〇だったら満たされる」という思い込みよりも、生死の苦しみを取り除くことが重要だと分かります。

 

自然の摂理

祈れば何でも叶う…わけがありませんよね。誰かが強く願えば本当にそうなるとしたら、世の中はもうとっくにめちゃくちゃです。この世では、自然の摂理がちゃんと働いています。

受験で志望校に受かったのは、本気で勉強して頭が良くなったからであって、本気の念が通じたからではありません。そして、たまたまその日にインフルエンザになったら受かりません。

これは残念なことではありますが、自然とはそういうものなんです。空気中には色々なバイキンがあるし、気温は操れませんから、体調は完璧にはコントロールできません。

自然とか世の中というものは、あなたの都合通りには振る舞いません。あなたができるのは、起こったことに対して対処することだけです。死という現実自体は変えられませんが、この苦しみに自分がどう向き合うかは選べます。

ここで勘違いをしてしまって、「みんなは幸せなのに、何で俺だけが!」とか「あんなに頑張ったのに!」などと、対処する以外に仕方のないことを「自分だけの特別な苦しみ」に飾り立てると、苦しいのです。

「あいつの苦しみよりはマシだから我慢する」という話じゃないですよ。自然の摂理で、現実的に考えましょう。

 

本当は、生きるのは苦しいことです。このブログに辿り着くような人なら、尚更分かるでしょう。辛い出来事や理不尽があって、生きているだけで大変です。生きるためには他の動物を殺さないといけないし、老いるし、病気になるし、最後には死んでしまう。しかも死ぬのは本能的に怖い。はっきり言って、救いがないですね。

でも、この事実から逃げずに、ちゃんと正面から向き合えば、苦しみが軽くなるのはもうすぐなんです。

子供の時はちゃんと死ぬのを怖がっていたけれど、大人になるにつれて忘れていったのかもしれません。

覚悟をきめて、これを乗り越えることで、ようやく冷静になれます。

 

技術が進歩しすぎると、当たり前のことを忘れてしまう

エアコンや新幹線があって快適だと、そのうち「なんで夏は暑いんだ、涼しくする技術を作れ」とか「なんで遅延するんだ、ホームドアを作れ」とか考え始めます。夏は暑いものだし、電車は大勢の人が使うんだから常に完璧には動きません。それは、「そういうもの」です。

「人間が手を加えれば、何でも上手くいく」と思い込んでいるから、ちょっとズレた時に「なんで上手くいかない!」「自分は不幸だ!」などと言って苦しみます。

自然の摂理や偶然は、いちいちあなたに合わせてくれません。それは当たり前のことで、みんな同じです。

ですが、社会があんまり発展しすぎて、もっと発展すれば何でも叶うかのように思えてきてしまう。本当は、自然の働きは操れないし、世の中は自分の思い通りにはならない。でも色々なことが便利になりすぎて、実感としてはよく分からなくなっているんですね。

 

暑いなら、上着を脱ぐなり冷たい飲み物を飲むなりしましょう。寒い時は、1枚羽織りましょう。今はこれがまだ当たり前なのですが、「便利なエアコン」が普及したら、それも忘れ去られてしまいます。

そういうわけで、便利すぎる技術は人々を幸せにはしない、と思っています。

広告を非表示にする

諸行無常のGroovy

私の作るタイトルは検索用ではなく、ブログ記事という自分の作文用紙につけるニックネームみたいなもんで、つまり芸術表現なんですね。

 

ハイ、「諸行無常」、それから「諸法無我」について書きます。

言葉だけは知ってる人も多いと思いますが、実際に感じたことはあるでしょうか。これは大昔のインドの人が言ったことなので、時代を経て翻訳されているわけで、現代日本の私達が当時のままの意味を掴むのは難しい。ただ、私なりの意味の理解を書くので、まあ適当に読んでみてください。

 

全て、現れては消えていく

おふろに入るのが一番分かりやすいかと思いますが、水面に浮かぶ泡というのは、何気なくスッと生まれて、ちょっとしたことでフッと消えてしまいます。私たちが意図して何かしなくても、なんとなく生まれていて、いつの間にか消えています。

おふろのお湯は常に動いています。原子レベルでは、同じ所に留まることはありませんし、空気中の酸素も溶け込んできます。同じように、空気も常に流れていますし、私の身体も常に細胞が入れ替わっています。全てのことは、いつでもどこでも変わり続けています。

泡の生滅はほんの数秒の話なので、儚さが分かりやすいですね。

では、儚さとは、時間で決まるものなのでしょうか?

 

時間って主観的で相対的

ということで、「時間」について説明します。

「時間」という概念は、物心ついた時からありますよね。動物がどう感じているかは分かりませんが、人間である私たちは「あと何時間ある」とか「あと何年でどうなる」とか考えます。

「時間」という物体が空にドーンと浮いているわけではなく、物事が流れていくことを見て、時間の流れを感じています。

何かにものすごく集中して何時間も経っていた、というのは、周りの変化に気付かないほど集中したから時間が認識できなかった、ということです。好きな子と一緒にいる時も、その子の一挙一動やら表情やらに集中しているので、時間がいつの間に過ぎてしまいます。本人はよく気付いていないのですが、時計や太陽を見れば、時間がこんなに流れていたと気付きます。時計や太陽が変化しているから気付くんですね。

時間というのは絶対的なサイズではなく、ただ周りの現象を見て推測する、主観的なものなんです。何時間とか何年とかいうのは、社会を作るために創作したおまじないであって、実在する物体ではありません。

泡の人生(泡生?…ビールみたい)は、数秒ですね。私たちの人生は、80年とかですね。

この約80年の差は、特に大きな意味があるわけではないと、ざっくり言えば同じことになるんだと、なんとなく分かるでしょうか?

 

寿命がいくら長くても

私たちは「人生というのは80年くらいのものだ」と思っていて、それくらいが一生の長さの基準だと感じています。

ですが、例えば小さいハムスターの寿命は2年くらいで、大きめのワンちゃんでも15年とか20年ですね。生き物によって寿命は違いますが、それぞれの生を一生懸命こなしていますよね。

もし宇宙のどこかに、寿命が3000年の生き物がいたとしたら、寿命80年の私たちを見て「なんて儚い。かわいそうに」と思うかもしれません。でも、私たちにとっては80年が普通で、それが人生というもので、他の種族にかわいそうなどと言われる筋合いはありません。私たちはその80年を一生懸命生きるしかないのです。

泡の数秒の命(?)もそうです。私たちから見たら、もはや生滅に気付かないほどの短さ、儚さですが、それでも泡としてはそれが当たり前で、泡は泡なりに一生懸命やってから消えているんだと思います。

私たちの人生と、泡が数秒で消えるのと、大して変わらないのです。スッと生まれて、まあまあ頑張って、そしたらフッと消えるものなのです。

 

私たちの人生を含めた全てのことは、とても儚い。泡も、川の流れも、天気も、考え事も、生命も……全てのものが「今」を一瞬で通り抜けて、すぐ「過去」に消えてしまいます。

それは、「そういうもの」なのです。どんなに気合を入れても、祈っても、「そういうもの」なので、変わりません。

 

諸行無常」とは、こういうことだと思っています。

もう一つ、「諸法無我」について書きます。こっちは聞き慣れないかもしれませんが、諸行無常の兄弟みたいなものです。

 

属性は周りとの違いによって初めて出現する

「死ぬ」という現象がありますね。

それは、「生きている」という現象があるから、相対的に認識されるものです。片方だけではありません。

同様に、真偽、善悪、美醜、光と闇、若さと老い、健康と病気……あらゆるものが、2つセットです。片方だけだったら、それが100%当たり前なので、比較対象がなくて気付きません。

さて、いろいろ挙げられますが、ここでは「私と、私以外」が最適でしょうか。

「私がいるぞ」と思うのは、「私じゃない人々」がいるからです。「私の身体があるぞ」と思うのは、私の身体はタンパク質だけれど周りの空気は窒素だからです。すべて、比較して規定しています。

「私」という絶対的な、確固たる存在が、最初からあるわけではありません。周りと比較して初めて、その対比で出現しているだけです。

「私が生きている」というのは、「私と、私以外」「生と、死」という2つを使って、「私が生きている」と、とりあえず規定しているわけです。

ものすごくリアルな感覚ですけれど、全ては仮のお話、フィクションなんですね。

 

これが、「諸法無我」だと思っています。ちょっと慣れない単語ですが、上で書いたように「"私" はいないよ」「全てのことは、本当はないよ」という意味です。

 

成り立ちに支えられている

あらゆるものは、常に変わり続けます。そして、他のものがないと存在できません。全ては儚いのですね。

ですがこの儚さは、逆に考えると、とっても安心できることだと気付きますか?

私やあなたの細胞が常に入れ替わり続けて、眠るときには意識がなくなって、時には怪我をして、、、それでも、私やあなたという概念が突然なくなってしまうことはありませんね。

また、他のものがないと存在できないということは、他のものが周りに色々あるから、私やあなたが存在できるということです。

「私が生きるぞ!」とわざわざ常に思わなくても、自動で心臓が動きますし、周りのものがあることによって、自動的に存在できるのです。

不思議ですね。同時に、ラッキーですね。うまいこと、なんか生きています。

私たちの存在は、全ての他のもの=成り立ち、大いなるもの、によって支えられているのです。

「わざわざ支えてもらっているから感謝しろ」ではないですよ。あなたが「周りを生かすぞ!」と思わなくても、隣の人の心臓は勝手に動きます。

そうじゃなくて、全ては常に変わり続けていて、全ては本当は無くて、それでも何故か成り立っている、よく分からないけど、ヤッタネ!ということです。ただ「そういうこと」というだけなので、無理に感謝はしなくていいです。

 

諸行無常」と「諸法無我」、すなわち「この世の全ては、変わり続けるよ」「この世の全ては、本当は無いよ」ということが分かると、ただ生きているというだけで「よくわかんないけど、なんか、やったー」というような、平和な気持ちになります。

それで他人は不幸になりませんし、自分は楽だし、いいですよ。

よかったら、おひとつ、どうぞ。

広告を非表示にする