悪役三白眼ロン毛が魅力的な理由

(2017.8.17 追記)もうちょっとまともなのを書きました。

 

「君の言う "かわいい" は、どういう意味なのかイマイチわからない」と何度か言われたことがあります。

 

そう言われてみれば、なるほど私の言う「かわいい」は女の言うそれよりも頻度が低くて生々しいが、男が言うよりはフィクションチックです。

私の無性別的な内面を知る人からしたら、ますます意図が分からない。

しかも「かわいい」と言う対象が、成人した男とか凶悪なモンスターなので、もはや何が何だか理解しがたい。挙げ句、愛らしい小動物への感想は「マ〜↑」とか「太ってないか?」とか「強い」などと歪んでおり、とかく真っ直ぐな表現というのをしたくないらしい。

 

じゃあ私の言う「かわいい」は何なのかというと、軽めにビジュアルや仕草を指すこともありますが、本気で言ってる場合は、その対象の「陰」を見て言ってます。

陰は陽の反対、つまり、ふと見えた悲しそうな目とか、一人で手洗いに入っていく背中とか、何かについて悩んでいるさま、その中で見せる「これを言うのはやめとこう」という作り笑いのような表情……そういう場面を見て「あ、"この人" には、なんとなく可愛さ(と形容される、憂鬱な美)が 漂っている」と感じるのです。言ってしまえば、私にはそういうフェチがあるのだと思います。

私の言う「かわいい」は、「見た目がカワイイ!」と「この人は可愛い所あるなぁ…」の二つがあるのです。

 

そして、そのような哀愁とか物悲しさを感じさせる者といえば、爽やかでない若い男です。彼らの陰の面積は、人の一生の中で最も広いと思えてなりません。

その中でも特に陰だらけなのが、髪が長く、人相が悪く、他人と楽しく過ごす事ができず、頭脳明晰なわけでもない、肉体にも恵まれず、厭世を極めて悪の道に迷い込んでいる…そんな男性キャラクター、ということです。

不健全なのですが、負の感情にはついつい色気を感じてしまいます。

ついでに書いとくと、彼がこのような陰惨さから一時的に逃れている睡眠中、すなわち寝顔というものには、凄まじい「束の間の幸福感」=無力感 が漂っていて、ここまで退廃的で美しい状況があるものか、と唸るほどです。

 

女を本気で可愛いと思うことは、殆どないのです。女たちからは精神的な強さ(おそらく、母性のたくましさ)が感じられて、「見た目がカワイイ」ということが理解はできても、内面から「 "この人は" 可愛いなぁ…」とはあまり思わないのです。

 

苦しみ悲しんでいる男、彼の目に宿る陰惨の深さには限りがない。それを覗き込もうとすると、視線は暗闇の奥へと無抵抗に吸い込まれ、それが延々と終わらないものだから、底が無いように思えてしまう。しかし女のそれを辿ると、なんだか埃がきらきらと引っかかるようで、落ち葉か何かが敷き詰められた、ふかふかの底があるように感じられるのです。

……妙な表現に挑戦しましたが、ようは男の方がウジウジと無限に悩んでいるような印象だ、ということです。

 

改めて思い返せば、男には「可愛い」、女には「かっこいい」と思う回数が多いです。

ちなみに私は男女両方に惹かれるのですが、男でも女でもない人には、同性だという意識が起こるのか、可愛いを含めた色欲的な感情がさっぱり湧きません。面白い現象です。

久しぶり、おもちゃの世界

瞑想中に新しい体験をしたので、記事を書きます。

かなり抽象的で、怪しく見えるかも?しれませんが、変なことを書こうとか皆さんを騙そうとかは全く思っていないです。

境界線が溶けた

あの世界はいわゆる「禅定」「梵天」ってやつなのか、違うかも分かりませんが、とにかく「別な認識世界」を感じました。

その認識世界には、イス、机、空気など、全てのものの「これは、イスだ」などといった「他のものとは別種の、これがあるぞ」という、モノの境界線がありませんでした。瞑想中は目をつぶっているので、見えていないのですが、自分の体や今いる空間そのものが溶け合ったという感じです。全てが同じ種類のエネルギーとして漂っているような、何も無いのだけど全てがあるような、言語化できないのですが、そんな感じでした。

目を開けてその認識世界から帰ってくると、イスだの机だのが「私はイスだぞ!」「机はこういうものだぞ!」と叫び始めました。ありとあらゆるものの境界線が、無理やり私の認識の中に飛び込んできたのです。「私は、他のものとは別種の、これなんです!」という「境界線の主張」のような圧力を四方八方から受けて、それで「おお、さっきの認識世界は、いつもの世界とはだいぶ違ったな…」と気付きました。

子供の頃の視点

そして、その「境界線がない世界」の余韻がある中で周りを見渡すと、ものの境界線の認識を自分である程度操作できると気付きました。

例えば、ペンケースがあって、その中にはペンが10本あります。この時、「ペンケース+ペン×10」という見方が普通なのですが、意識すれば「ペンケースペンという塊」とか「ペンケース+ペン10という塊+空気の塊」などと、境界線を再構築できることに気付きました。

これに気づいた時、すぐに子供時代を思い出しました。すなわち、子供の頃の「全てがおもちゃに見える」感覚は、このような「ものの境界線が薄い・属性が自由」な認識から来ていたのだろう、と。実際に、そのペンケースは、ペンという木々が入っている寝袋のようにも見えましたし、口を開けたお魚にも見えました。幼稚園児なら、ペンケースを集めて、それらに紙で目玉をつけて「水族館!」などとやるかもしれませんね。

子供の頃はみんなある程度「悟っていた」のかもしれません。それが、年齢と共に知識が増え、すなわち境界線の量も濃さも増えていって、それで「自由な認識」ができなくなっていくのでしょう。

 

デザイナー、アーティスト?絵描き?として、とても貴重な感覚を得られたと思います。

「芸術と安穏は両立しない、困った」と思っていましたが、瞑想にはこういう良い効果もあるみたいです。

ニヒリズムから瞑想へ

突然ですが、私は仏教徒ではありません。

新しいブログを開いていくつか記事を投稿しましたが、なんとな〜く仏教っぽい箇所が多いですね。空とか無常とか。誤解があるかもしれないと思ったので、今回の記事を書きます。

 

仏教の目指すところは、煩悩からの解脱……いわゆる「悟り」だと、ネットで聞きました。瞑想修行で悟りを開くと真理が分かって、この世への執着が無くなるので、輪廻の苦しみを終わらせられる…ということのようです。

それはそれで良さそうです。そして私は瞑想をしばらく続けています。ただ、「仏陀を信じて解脱のために修行をしている」のではないのです。

ニヒリズムの向こう側

私が仏教に興味を持ち、瞑想を始めたのは、つい最近のことです。何がキッカケだったかというと、「唯識」という仏教の考え方を知って非常に納得したのです。唯識をざっくり言うと、「ただ感覚だけがある」みたいな考えです。

私は元々考え事をする性格で、仏教を知る前にニヒリズムに到達していました。「全ては、ただそうである」と。そして次のステップとして、「そうである、と感じている "自分" はいるのか?いないのか?」という疑問が生まれていました。これがモヤモヤ、うまく説明出来ない感覚だったのですが、それを「唯識」が大体説明してくれたのです。

その「唯識」について調べていくと、これは仏教だということが分かり、そしてその教祖の仏陀は大昔に実在した人だと知りました。歴史の教科書で出てきた、ゴータマ・シッダールタさんです。

大好きな納得、論理と体感の世界

修行の末、最初に悟りを開いたゴータマさんは、悟りについて色々説明しています。その発言などをまとめているサイトがたくさんあったので、ひとまず読み漁りました。

そこで知った無我とか無常という話は、非常に筋が通っていると感じました。そして、その (一見、破滅的にも見える) 教えを知り、心底ホッとしたのです。仏教紹介サイトを作っている人がうまく説明してくれたのもあるかと思いますが、とても納得できたのです。私は「納得」することが大好きで、納得するために考え事をしていると言っても過言ではないのです。

かくして、私は「ゴータマさんすげぇ!とりあえずこの人の言う事は聞こう!」と思ったのです。

まずは、とりあえず瞑想を始めました。「この世は無常なのか〜(?)」「私はいないのか〜(?)」と、最初はゴータマさんの言う事がぼんやりとしか分からなかったのですが、実践して体感するものだという事はなんとなく分かったのです。

瞑想をしばらく続けていたある日、頭の中が からっぽ というか 何も考えていない…しかしそれが100%のような?文章化し難いのですが、とにかく「おっ?」と「全部消えた」「思考が生まれそうになっても "ま、いいか" と消えていく」瞬間が、急に訪れました。瞑想しようとして、胡座で目をつぶって、頭に浮かぶ考え事を外に流していったら、突然頭の中が静かになりました。その時の体感で、「無常」とか「無我」ということが、理解できたのです。

この面白い体験から覚めると、以前より心が穏やかになっているのに気付きました。

先生、マイペースでもいいですか

こんな感じで「いい感じの体験」ができて、以前よりも心穏やかになれたので、ひとまず瞑想を続行しているのです。

瞑想中、なんとな〜く「おっ、こっち側の感覚が良さげだぞ」と感じることがあります。「こっち側」というのは、これまた説明できないのですが、なんとなく「次のステップ」を感じて、そっちに近づきたくなるのです。体感欲とでも言いましょうか。

「悟り」にはステップがあるという話もあるので、その「次のステップ」は悟りの階段のことなのかもしれません。

ただ、「仏教が正しいから悟るために頑張る!」と思ってはいないのです。私の目的は「楽になる、幸福になること」であって「悟ること」ではありません。 

実際やってみたらゴータマさんの言う通りだった、悟った、仏教が正解だった、って場合は考えられますが、まあそれは体感したら分かることですから、今決めなくてもいいでしょう。

ですから私は仏教徒ではありません。かっこつけた言い方だと「リトル・フィロソファー (小さな哲学者)」です。ただ、ゴータマさんの言うことには相当納得できるので、ひとまず言うことを聞いています。

 

そんな感じで、あまり「悟るぞ」などとは思わず、瞑想を続けて「次の良い感じのステップ」を待とうと思います。

 

「笑顔にしたい」という暴力【加筆修正済】

(追記:2017.9.16 記事全体を加筆修正し、読みやすくしました。)

「笑顔あふれる〇〇学校」

...などという標語が流布しています。

 

笑顔というのは、楽しいとか嬉しいといった感情の発露です。

逆に言えば、そういう笑いたくなる感情が起こらないと笑いません。

感情と表情は、元々は単なる反応であって、理性で操作したり、努力によって達成するものではありません。

それを目標として、文章にして掲げるのは

「私が良くしてやるんだから、楽しく過ごせ!」

という強要であり、扇動であり、心の暴力です。

子供達にこんな態度でいてはいけない。

 

他人の笑顔を見ると、なんだかこっちも良い気分になります。

笑顔は敵意がないことを表しているからです。反対に、敵意のある怒りなどの表情には警戒します。

接客において笑顔が大事というのは、これが理由です。

笑顔で接客されると、お客さんが心地よい、そうするとリピートしてくれるから、笑顔でいると売り上げが上がるのです。

今となっては笑顔のサービスがあまりにも広まりすぎて、笑顔が常識と化してしまいました。

「単なる表情なんだから、ほっとこう」とは思いにくくなっているのです。

それで、一定数の人たちは勘違いして「笑顔が一番!」「もっと笑顔を広めよう」と言うのです。

 

で、「笑顔あふれる〇〇学校」というスローガンであれば、

「いじめっ子もいじめられっ子も傍観者も、不登校児も優等生も普通の子も、みんなが笑顔になれるよう、教員全員で心砕きます!」

という意味なら、理解はできます。

ですが、実際そんなことは不可能でしょう。

気持ちや根性の問題ではありません。

まず、子供達は、一人一人違う考え方や個性を持った人間です。

現実的に考えましょう。

暴力的な人間関係を解決したり、「学校生活になじめない子」を学校で笑顔にするのは、一人の教員が他の35人の子供を笑顔にしながらできることではありません。

数人の問題であるDVですら、専門家が関わってもなかなか難しいのです。

しかも、「笑顔あふれる」なんて文言をスローガンにされたら、「笑顔になってあげないと、怒られるのかな」と思ってしまいます。

そうなると、その笑顔はもう接客サービスです。

子供に接客サービスさせますか?

 

感情は個人の領域

あのね、

笑いたくない時は、笑わなくてもいいでしょ。

それが仕事なら、勤務中に限ってはある程度仕方ない(100%笑顔じゃないとダメなんて仕事は人間にさせるべきではない)ですが、少なくとも子供たちは無理して笑う必要がありません。

学校が毎日つまらないと思っている子がいるかもしれないのに「いつも笑顔」などというスローガンを掲げるのは間違っています。

先生たちは、その横断幕で「ぼくは目標を守れないダメなやつだ」と感じる子がいるという想像ができなかったのです。

そして、そういう環境を疑わずに育ってきた多くの子供が大人になるのですから、彼らもまた「笑顔はいいことだ」と子供たちに強要していくのです。

 

感情はその人の領域であって、どうやってもその人の中で完結します。

相手の感情が実体化して殴られることはありませんし、自分の感情で相手を抑え込むこともできません。

それを自分と関連づけて、感情を変えよう、利用しようなどとするから、お互いに疲れて苦しいのです。

…そしてその欲求は大抵「笑ってほしい」とか「救ってあげたい」など、良いことっぽい顔をして現れるものです。

他人に、いち他人として意見を言ったり慰めたりするのはいいですが、他人を思い通りにするために操作しようとするのは悪いことです。

他人は他人です。あなたが他人から思い通りになるよう操作されたくはないように、他人もあなたから尊重されるべきです。

 

それでも「みんながいつも笑顔」にしたいなら、まずは自分が「いつも笑顔」で居られるのか練習や対策をしてみて、それから「いつも笑顔でいる秘訣」を教えるのが筋です。

「なんとなく理想的な感じだから、みんな笑顔でいよう」

では、実行のしようがありません。

 

自分と相手の区別をちゃんとしましょう、という話でした。

〝いわゆる、人間らしさ〟と安穏は両立しない?

1ヶ月ほど前から瞑想をしたり仏教について調べたりして、「この世は無常」「私はいない」といったことが、はっきりと分かってきました。

元々強くはなかった物欲や食欲がますますなくなって、お金や地位への欲も弱くなり、発展したい、向上したいなどの人間的な欲求も少なくなってきました。

残念なことに見えるかもしれませんが、それは現代日本の、お金儲けや発展が大事だという評価尺度で測るからです。

本当は、お金や地位や価値などなど…は、人々が合意して初めて出現する、おまじないのようなものであって、価値という物体が実在する訳ではないのです。

 

経済活動と安穏は両立しない?

現代社会での欲求が薄くなり、もはやお金とか地位とかは煩わしく思えてくる。こうなってくると、経済成長のために働くという行動にも意欲が湧きません。

この世の中では、前提のように「成長のため」「生き残るため」と言いますが、なんで成長しないといけないのか、何故生き残るのが良いことなのか、よく分からなくなりました。

少子化とか、現役世代が少ないとか、ロボットに仕事が奪われるとか、なんとなく不安にさせる話題が尽きませんが、一体それの何がまずいのかさっぱり分からないのです。子供を無理に持たなくて良くなった、増えすぎた人口が減っていく、単純な仕事はロボがしてくれる。全部良いことのように思えて仕方ないのです。問題が発生するのはシステムが古いからです。

このような現実的な問題でなくても、まず生命には寿命があり、そのうち人類は絶滅し、最終的には地球や太陽も滅びます。そんなことは小学生でも知っているのに、まるで自分たちだけは永遠に若く生きていけるかのように「発展、発展」と言っているのはいまいち理解しかねます。

「経済発展で幸せ」「お金を使って楽しい」という「応急措置」ばかりして、肝心の治療=心を根っこから穏やかにすること、これはする気がないかのような不自然さがあるのです。

私はデザインを学んでいるので、「デザインでお客様の売上を伸ばす」「デザインで楽しく便利にする」というのが大事なのですが、そもそも何故儲けるのか、どうして楽しく便利にすべきなのか?そういった前提が理解できないのです。

学校に通っているので、スキルはあるのですが、なんだか本質的に・哲学的に悪い事をしてるような気がしてきて、最近そこが少し気になっています。

まあデザイン職以外でも、就職先というものはほぼ経済発展が前提なので、デザインだからどうこうという話ではないのですが。

 

芸術と安穏は両立できない?

経済活動は明らかに「やらされていること」なので折り合いがつかなくても葛藤がないのですが、芸術というのは私の人生のいくらかを担っていますから、気が気でありません。

穏やかな気持ちというのは、苦しみや痛みがない状態です。この穏やかな心をなるべく長く・いつも保つことで、平穏がやってきます。みんな穏やかになったら良いと思います。だって苦しくないんですからね。

反面、芸術というものは、苦しみや痛みから生まれます。素晴らしい芸術家が心を病んでいることは非常に多い。私の大好きなヘヴィメタルも、当然例外ではありません。怒りや苦しみ、悲しみを、凶悪なサウンドで表現しています。

「みんな穏やかになったらいい」と思う反面、「でも、これがバンドマンたちの生きがいになっているのだ」とも思い、どうやっても折り合いがつきません。

単純な原理をもって、この二つは決して両立しないように思えます。

他人がやっているバンドについてもですが、私自身が取り組む芸術活動=絵画にも関係があります。愛情や憎しみや美学(こだわり)を表現しようと奮闘すると、いい作品ができるのですが、表現するにはある程度その感情を高めないといけません。感情をビーカーから溢れさせた分が、作品に反映されるのです。

感情が起こるところまではいいのですが、それを作品作りのためにわざわざ苦しんで高める、自ら心をかき乱す、この行動が安穏の真逆なのです。

「作品作りのために、わざと感情を高めるぞ」と、自分でこれから安穏の反対に一旦行く、終わったら穏やかになれることが分かった上でやれば、たいした被害にはならないような気もします。

とはいえ、やっぱり感情を加速させると自我が出てきて、自分自身に乗っ取られそうになるので、危険ではあるのです。

 

私の人生というものを生きていく以上、このテーマは放置できない問題なので、ぼちぼち考え続けていこうと思います。