【中編】Children Of Bodom 名曲紹介

チルボドのオススメ曲を紹介する記事の、中編です。

前編はこちら→【前編】Children Of Bodom 名曲紹介

後編はこちら→【後編】Children Of Bodom 名曲紹介

順番に読むのがおすすめです。

 

さっそく続きといきましょう。

前編では「必殺の超有名曲」を紹介しましたが、中編は「意外とこういう曲もあるよ」みたいな視点で攻めていきたいと思います。

では行きましょう、いや、逝きましょう〜♪

 

Everytime I Die

チルボドには意外なスロー曲。しかし、この曲が収録された3rdアルバムからは毎作、ミドルテンポを1曲は入れている。

アレキシはいつも「俺たちは気の向くまま、やりたいように曲を作るんだ。こういうアルバムを作ろう、とは計画しないんだ」と語ってるが、さすがに7作連続でこういう曲が入っていると、なんとなく「アルバムに遅い曲があると締まるな」とは思っている気がする。

ライブだと遅いテンポの休憩曲は大事で、Needled 24/7やHate Me!など激しい曲の直後によく置かれる。この枠は他にAngels Don't Kill、Scream For Silence、Morriganといった曲がある。

このMVのアレキシはとてもかわいい。死神の走り方も人間くさくてかわいい。チルボドかわいいぞ。

 

Halo Of Blood

チルボドは「メロディックデスメタル」なのだが、この曲はかなりブラックメタル寄り。発表当時は「路線変更?!」「ブラックメタルに原点回帰?!」と騒がれたが、彼らの先行発表は毎回、アルバム全体の参考にはならないのだった。

私の場合、何度も聴いていくうちに好きになった曲。爆走でかっこいい。それもそのはず、バンド中最速の曲である。

また、渋い印象に反して、ライブ映えが物凄い。これにかけてはチルボドの曲の中で一番だと思う。

この曲は8thアルバム収録だが、直前の曲が...いや、ネタバレはよそう。8thは曲の幅が広く面白い。あとジャケットも一番かっこいい。

 

Hellhounds On My Trail

MVが一番かっこいい。曲も相当かっこいい。「かっこいい」以外の語彙が失われていく。

この曲は「スラッシュメタル」に近く、鋭利でストレートなオラつきサウンドを繰り広げている。スラッシュメタルの帝王=Slayer からの影響が伺える。

セットリストに入っていたのは収録アルバムの発表直後くらいで、最近は殆どお目にかかれない。Trashed,~のようにまたいつか披露してくれるのを期待したい。

 

Hate Crew Deathroll

4thアルバム最後を締めくくる、パワフルな名曲。パンクの影響かリフ(繰り返しメロディ)がリズム重視でシンプル。

感慨ある曲で、ライブでは大抵終盤に演奏されるのだが、中盤でやって会場を沸かせることも。

何が感慨かというと、チルボドファンについての曲でもあるのだ。曲名は「死んだ反逆仲間のリスト」で、歌詞は「辛いけどオレ達は戦い続ける!」。バンドとファンが一つとなり「この理不尽な世の中と戦っていく」曲なのだ。

この曲名と歌詞「オレ達はHate Crew、何度でも立ち上がり負けないぜ」にちなみ、チルボドファンのことを「Hate Crew(ヘイトクルー)」と呼ぶ。Slipknotでいうマゴッツ、KAT-TUNならハイフン。かっこいいぞ。

 

Are You Dead Yet?

5thの曲なのだが、前作までかなり目立っていたキーボードが味付け程度に留まっていること、メロデスでありながらボーカルがサビで「メインメロディを歌う」ことが珍しい。

MVがあるが、小悪魔なチャンネーに気をとられるので曲を聴くには静止画で。

そのサビの歌いやすさ、「Are You Dead Yet?!」と叫べる点もあってか、ライブでは重い曲調の割にかなり盛り上がる。

 

 

中編はこんな感じで!

後編へつづく。↓

【前編】Children Of Bodom 名曲紹介

フィンランドの死神・チルボドことChildren Of Bodomの名曲紹介記事です。

中編はこちら→【中編】Children Of Bodom 名曲紹介

後編はこちら→【後編】Children Of Bodom 名曲紹介

 

読者さんは、とりあえず代表曲を探しに来たのだと思いますので、バンド紹介は省きます。

解説文つきで長いので、5曲ずつ前・中・後編に分けます。

大まかには、前編=必聴の代表曲・中編=こんな曲もあるよ・後編=隠れた名曲、的な内容です。順番に読むのがオススメです。

では、さっそく見ていきましょう!

 

Needled 24/7

何はともあれ、コレである。おそらく最も有名で、ライブでも一番盛り上がる、最強のキラーチューン。これが「微妙」なら、チルボドとは縁が薄そうだ。

MVもあるが、メンバーやファンいわく「気に入らない」ので、あえて静止画のを載せる。

ノコギリを振り回すような衝撃的イントロ、そこへ美麗メロディを畳み掛けていく。最初の「デデン」は、ライブ会場を狂気に呑みこむ合図なのだ。

個人的に好きなのは、中盤のキラめくユニゾン(ギターとキーボードが一緒に同じメロディを奏でるパート)→歌うようなギターソロ。

それから、CDとライブでキーボードの音色が違う。ライブ版のユニゾンの方が優しげなのだ。それを弾くキーボーディストのヤンネは、来日の際カタコトの日本語で挨拶してくれる。癒し効果倍増だ。

 

Downfall

幻想感と、メンバーのぎこちない動きが好きなMV。褒めてるのか?

リーダー兼ギター・ボーカルのアレキシが、19歳頃に書いた曲。まさかと思うだろうが、この危うい悲哀は、若さの象徴とも言える。

先のNeedled 24/7は、憎い相手をブッ◯しそうな攻撃性が際立っているが、Downfallで◯す対象は違うのだろう。

チルボドの曲がクラシックから影響を受けていることがよく分かる曲。特に1st・2ndアルバムはクラシック要素が強い。

ライブでは最後に演奏されることが多い。「終わった...」感があり、非の打ち所のないトリ曲なのだが、近年はセットリストを試行錯誤しているようで、最後にはならない事も。

 

Trashed, Lost & Strungout

オラオラ逝くぜ。チルボドの曲は「俺は最低だ...◯にたい」、「ムカつく!◯す!」、「辛いけど俺たちは生きる」に大別される。メタルバンドとはそういう存在なのだろう。

このMVは演奏シーンをかっこよく撮れており、評判が良い。

ひとつ特徴を挙げるなら、所々に入る「ピーーッ!」という音。ギター奏法で「ピッキングハーモニクス」というらしく、アレキシはこれが好きなようで他の曲にも出てくる。

人気曲だがライブで演奏された事は少なく、「難度が高くライブは厳しいのでは」等と囁かれていたが、最近ようやくセトリに入った。

若い頃は常に飲酒していたアレキシだが、近年はあまり飲まないそうだ。こうして演奏が安定したことも、セトリ入りの理由かもしれない。

 

Lake Bodom

1stアルバムに入っており、現在でもライブで演奏される人気曲だ。クラシック要素の強い1stの中でも、最もキャッチーなメロディを擁している。

というのも、アレキシは幼少時にヴァイオリンを学んでいた。それでクラシックの基礎が身についたようで、メタルバンドでありながら独特のクラシック感が漂うのはその影響と思われる。

この頃の彼らは、現在彼らが分類されている「メロディックデスメタル」というよりも「ネオクラシカルブラックメタル」と評されていた。日本版の帯の煽り文は「様式美ブラックメタル」。確かに、2ndまではメロデスよりもネオクラブラックの方がしっくり来る曲調だ。

彼らがレーベル契約を取り、このアルバムを世に放った1997年は、北欧中心のメロデスブーム後半戦。そんな中提示されたのは、斬新なネオクラ・ブラックメタル。彼らはその後の3rd、4thで「メロデスバンド」という認知に切り替わったのだ。

 

Hate Me!

この曲は、シングル版とアルバム版がある。これはアルバム版で、Youtubeにはシングル版しかなかった。

何事もそうだが、マニアは僅かなアレンジや映像特典を求め同曲のシングルやEPを集める。このバンドにもその楽しみはある。

3rdアルバムの曲で、キーボードから光の粒が束となって押し寄せる。特徴的なイントロは一回聞いたら忘れない。

彼らの3rdは演奏・作曲共に成長を感じる、テクニカルな作品だ。その一方で、ロック要素をこの曲で取り入れたりと「メジャーっぽさ」もあり、それまでの作品より更に取っつきやすいサウンドとなっている。

この曲もライブに頻出だ。セトリでは「2つめのヤマ」という位置付けで、中盤に配されやすい。たまに2曲目に置かれ、客は過労に導かれ、それだけ重要でパワフルな、よい力点なのだろう。

 

 

前編はこんな感じで。

中編へつづく。↓