散文

哲学するゾンビ

駅のホームで風を受け、髪がなびく。風という外的要因によって私の髪は揺さぶられた。この髪は、私の頭部の皮膚から生え出ているタンパク質の束だ。私の視界は狭く、前髪の一部しか収まらない。頭を揺らすと、髪も揺れる。重力に従って、垂れ下がっている… …

しかし、それでも……

今回は、お話ではなく、文章の連続体です。詩に近いですが、芸術というよりは事実の羅列です。 私はヘヴィメタルという音楽に救われた より正確には、Children Of Bodomというバンドに救われた 彼らのことを愛している 私は幼い頃から絵を描いている 誰に言…