こわいもの

ツイッターに書くにはちょっと長かったので

私が一番怖いものは虫、特に甲虫だが、それの次か同じくらい怖いものがある。

(ホラー映画とかがもっと怖いんだろうけど、見たことがないからノーカン)

「ゴールがない遊具」である。たとえば公園のブランコ、回転ジャングルジム。遊園地だと、バイキングや回転ブランコ。見るだけでゾッとするぐらい怖い。

絶叫マシン自体かなり苦手だ。しかしジェットコースターはスタートとゴールがあるからまぁ、まだ、マシ、たぶん。高いところは得意ではないが、観覧車もスタートとゴールがあるからまぁいい。ホーンテッドマンションとかも、視覚的にビビる所はあるがやはり終わりに向かって着実に進んでいる実感があるからいい。視覚はいざとなったら目をつぶれば逃げられるし。

終わりがいつになるか分からない、逃げられないのは、ますます怖いのである。逃げようがないからビックリ系がだめなのだ。怖いのは嫌なのだ。^^

ぼのぼの」で、こんな話があった気がする。ずっとずっとず~っと…みたいな。実際は数分で終わるんだろうが。

遊園地には優しい人と行くことである。

広告を非表示にする