う~ん

コイの話はよく分からないな、という話であります

わからない、わからない…と言うだけの記事

気の合う友達、好みのタイプ、好きな人。私にもそれぞれ別の人があてはまる。気の合う奴は趣味も合って話してて楽であるし、好みのタイプの人は、ビビるぐらい素敵なのだが、好きな人とは違う人だ。

恋愛と結婚は違うことらしい。結婚は、結婚相手を真面目に検討するもので、恋愛は、好きなタイプや気の合う人、惹かれた人と遊ぶことらしい。もちろん恋愛が結婚に発展することもあるが、そのとおり「発展」しないと結婚にはならないのだ。つまりイコールではなく矢印であって、形が似てはいるがべつものらしい。

恋愛をしたいとは、つまり遊びたいということなのかなあ。

そうであるならば、私は恋愛なんかには興味がない。結婚にも興味がない。そういうことで興味があることは、なんだろうか…

恋愛ではなく、結婚とも違う、これは、友情なんだろうか。それとも違う気がする。(私の勉強すべきことは、まずは友情からだとは思う) ますます、よく分からなくなってきた。

(まだ子供の感覚なんだと思われる。かっこいいな!自分にはないものを持っている!ずっと見ていたいな、触ってみたいな…という感覚のことを「好き」だと思ってたのだが、違うのかもしれない。これは小学生が恐竜の骨格を見るのと同じ。一方的だ。そして(私の場合)やたらと必死で、むやみに一途だ。二次元のヒーローやギターヒーローにはそれをしたって許されるのだが、一個人に対する愛情のかけ方としては、ズレている。)

どうやら私はまず、まだ恋愛やそんなことができないらしい。心が8歳とかなんだろう。勉強することだ。

わが道のりは、まだまだずっと長い。

広告を非表示にする