思考メモまとめ

思い付いた事を日記アプリに積んでいたので、そのまとめ。今年の4月~今日までのやつ。時系列ではない。

・数学は無機的なイメージがあるけど、答えが複数なのが正解だったり、「鮮やかに解く」ことや発見(へのプロセス)に価値が認められてたりするのは、現実社会より有機的だと思う。

・理性がある、というのは、「幸せ」の価値感(≠観)があるってことなのかもしれない。

・文章化すると安心する。「ちゃんと箱にしまったから、なくさない」って感じ

その代わり、ボヤーンとした感覚を四角い単語に押し込むから、輪郭のモヤモヤは切り落とされて何処か行ってしまう。

・(仮説)金や権利が絡むと、起こってることが同じでも話が難しくなる。

・「多数派だから面白みがない」とは言わないな。

・「どんなに客観的になるように考えても、それは私の頭の中で考えられたことだから、主観に収まってしまう」というのが、考え事のうえでの悩みだ。

しかし例えば音楽家が「完璧な音を探しているが、もし見つかってもそれは"私の耳にとって完全"というだけだ」と言って探求をやめてしまったら、それは世界にとっての損失だ。

・現在、世界は言葉によって作られる。だから言葉というものが嫌いだな

縛りたくないものを縛り、どうでもいいものを表出させてくる…

便利だし使うだろうから英語を練習してるけど、ついに習得したら苦しみが増えてると思う。

・「頑張ってて疲れてるけど、これからも頑張らないわけにはいかない(ように見える)人」に対して、どう声をかけるか、声をかけるのかどうか、というのは最も難しい問題だ

・日本の中では「幸せは気づくもの!」という言説がまかり通るが、例えばアフリカの孤児に同じく「幸せは気づくもの」と言うかどうかというと、それは酷だ、となるだろ。つまり所謂幸せを感じるには、求める豊かさ+気づきの両方が必要。何もないところから欲求を足していって、現状と比較すると、いわゆる「幸せに気づく」ということになる。

・考えについて「深い、浅い」というのは、なかなか当たりの表現だ。考えの道筋は、途中に点のある長い線として表せると思う。それはしばしば、らせん状になって深みに伸びてゆく。

・宇宙という袋に最高次元の囚人がぽいぽい投げ込まれてる説

三次元の刑!最高次元民にとってこれはキツイ ここで更生するまで苦しみなさいってことね

・求められる仕事を仕事としてキチッとやる方が、かえって個性が見える(探したくなる)。と、トミー・カレヴィックの歌唱を聴いて思ったわけだ

・空を鳥が飛ぶのではない!鳥が飛んでいる場所が空なのだ

・自分は、子供と話す時ハッキリとした物言いをしたがる。なんとなく、大人がしっかりしないと子供は惑ってしまうと思ってる。

でも自分が子供だった頃を思うと、大人だって不安なことはあると正直にする方が、人間関係の自己開示になるし、「大人は正しいはず」って悪い思い込みさせずにすむと思った。

・人間であることの本質ってなんだ?たとえば「人間らしい(暮らし)」と言えば、感情を出す・仕事に潰されていない・無理に自然に逆らわない…というようなイメージがあるけど、イメージがあるだけで本質は見えない。それともイメージこそが本質なのか?時代と共に変わるものだから?

・哲学上の立場 って概念があることは、何とも非論理的というか、有機的で、諦めた感じがあって好ましい。

(9/19また見つけたので追記↓)

・何の理不尽もない究極の世界とは、無であろうが、しかし「無がある」「無である」という、釈明できない事実=理不尽が存在する。世界、存在というものの造りは、元から理不尽なのだ。

・「無」とは定義である。

・この世界とはいかなるものなのか…この世界と、「無」や「他の世界」とは、同じことなのではないか?

・モテたくない。モテるとは振ることだ。

・人生というものを最も軽蔑する生き方とは、いわゆる「一般人」の生き方だ。人生には、闘う価値も自殺する価値もないんだ。

形而上学における「無」というのは、四次元上にあるものなのではないか?または更に離れた次元かもしれない。つまり、我々には認識できないものだ。

広告を非表示にする