斬首台のかがやき

物騒なタイトルですが、死にたいとは思っていません。わりと健康です。私はこういう妙な喩えをしたがるのです。こういう文を作るのが趣味なんです。アフィには全く向かないタイトルですね。

 

ここ最近、ちょっと瞑想の出来がよくないです。すぐに眠くなったり、雑念が止まらなかったりでマトモにできません。

そして、自我や執着心が復活しているような兆しがあります。

考えられる理由と、これからの方向性を書いていきます。

 

現代社会で無我を維持するのは難しい

この資本・新自由主義社会で、「私はいない、この世は無常、静寂な心」を維持するのは、かなり難しかったです。もちろん私が未熟だからなのでしょうが、おそらく私に限らず、現代社会で在家だと無我の維持は難しいということです。

何故でしょうか?

それは、この世の中が「無我・無常」とは反対の方向に疾走していて、しかもそれが是とされているからです。

もっと簡単に言いましょう。すなわち、「経済成長で幸せになれる」とか「美味しいものを沢山食べたい」とか「恋人がいるのは素敵だ」などの、安穏とは反対の街道を走る信念が、常識・前提・良い事として、圧倒的多数派として、世の中をすっぽり覆い尽くしているのです。

私たちは社会的な動物で、周りにいる人々や、目にする広告、インターネットの言説…などからの影響は免れません。情報に触れていると、あまりの物量にやはり世の中が正しいように思えてきてしまう。そうなると、いくら「私はいないぞ、全ては変わり続けるぞ」と思っていても、いや、思っていたくても、時に「面白いことをして成長しよう」「恋人がいたらなあ」などの考えを起こさせられてしまうのです。

そして、そういう流れと仕組みで世の中が成り立っていますから、その中で生きるのならば最低限の「成長・発展・幸せ」は追っていかないと(少なくとも、フリをしていないと)取り残されてしまうのです。成り立ちから弾かれると、食っていけない。動物が生きる上での定めです。そして、「追うフリ」をしているうちに、本当に追っていきたいような心境にすり替わってしまうのです。

誰も悪くないのですが、結果として困ってしまいました。

 

恐怖!自我の復活

こうして「もっとああしたい・こうなりたい」などの欲求が起こることで、自我がムクムクと元気を取り戻し、また私を気付かないうちに絡め取ろうとします。

気付くと、もう私は苦しみの中にいたのです。

ああいう人は嫌だ……(不快だ、同時に苦しい!)

あの子が気になる……(楽しい、しかし苦しい!)

成長したい……(ワクワク、そして苦しい!)

……本当は、これらは全て、「私という特別な存在がいる」「この世界には〇〇という価値がある」などの思い込みによる幻想なのです。「この世の全てには価値がない」と覚悟を決めないと永遠に苦しいままだ、と勘づいています。

そうと頭では分かっていながら、生活していく上でどうしても欲求を刺激されて苦しいんです。そういう「成長・発展・幸せ」を追い求めても、安心には程遠いことは分かっている。それでも、足が勝手にそれらの方向に向かってしまう。苦しいのにまるでそれが良い事で、理想的であるかのように錯覚させられるのです。

自我が「オレって一生懸命生きてるなあー!他の奴らとは違うぞ!」と自己満足するために、私を操っている……そのように思えるのです。

 

軌道修正……

短期間に、このような心情の経過がありました。

それでも、かろうじて瞑想自体は毎日続けていました。「無我・無常」「穏やかな気持ち」という道もボンヤリと残っていて、大きく逸脱はしないで済みました。

それはまるで、大海原に投げ出されてドンブラコッコ……と漂う私に、灯台の光が遠くからうっすらと届いているようでした。

うっかり、また大海原に投げ出されてしまいました。こうして漂っていると、「やはり、お釈迦様の言うことを、ちゃんと聞こう」という風に思えてきます。そうしなければ、苦しみの根っこ=自我を無くすことは、難しいように思えてきたのです。

軸がないと、迷える私は世の中に流されてしまうのです。だったら、ひとまず軸につかまります。灯台の光を目指して、陸を目指そうと思います。何も考えないでお釈迦様に着いて行くのが、果たして正しいのか、という疑問は晴れませんが、このまま流されて元通りになるよりは全然いいです。

しばらく真面目に瞑想しようと思います。

 

自我、こわい、こわい。

あっ、お寿司、こわい、こわい。