サリーアン課題の日常版?に遭遇しました

「サリーアン課題」という有名な診断テストがあります。自閉症スペクトラム障害(以下ASD)かどうか判別するもので、百発百中とはいかないようですが、約8割のASDはこのテストに正答できないようです。
 
テストの文章をつらつら書き連ねるのはかったるいと思うので略しますと、サリーちゃんに感情移入してアンが隠したボールを探してね的な話です。ググれば出ます。
 
さて、そんな「サリーアン課題」の「実技試験」のような状況が、サラッとやって来ました。
 

f:id:ryoma169:20170607214234j:plain

この図は、その実技試験の時の私の視点だと思ってください。

私の視界の中で右にいる太郎さんに、視界左側にあるAを取ってほしい、というシーンです。
太郎さんはAがどこにあるか知りません。右とか上とか場所を言って、Aがどういう物かも口で説明する必要があります。
サリーアン課題と状況は違いますが、「相手の気持ちになって行動を予測できるか」という肝は同じです。
 
こんなシーンが起こって、私は咄嗟にこう指示したんですね。
「左!」
 
その後、太郎さんが私の視点から見て「奥側」を探し始めたのを見て間違いに気付き、「後ろを向いて!」と訂正しました。
 
「私の視点ではAは太郎の左にあるが、太郎の視点だとAは背後にある」と咄嗟に分かることは、できなかったんですね。相手が予想しない動きをしたので、数秒考えた後にようやく感情移入できたわけです。
 
ということで、私は実技版・サリーアン課題?を華麗にパス、とはいきませんでした。
 
 
高校生くらいの時に、ネット上でサリーアン課題の自己診断をしてみたことがあります。その時は正答できました。座ってゆっくり考えればできるのでしょう。
ですが同時期に、これまたネット上で行ったASD自己診断では、思いっきり引っかかりました。64点くらいが出た記憶があります。
ただしASDの内面的特徴とアダルトチルドレン(以下AC)の特徴はかなり類似しているので、ACの要素が強かったとか、両方の要素が少しづつあるということも考えられますし、自己診断で極端な結果になっただけかもしれません。
まともな自己診断はできないということですね。
 
用意されていたペーパー版のサリーアン課題と、偶然発生した実技版のサリーアン課題には、何か大きな差があるのでしょうか。
この実技版サリーアン課題は、日常でふと発生しないと正確な結果を得ることができません。だから実際にやらせて統計を取るのは難しいのですが、私のように「冷静に考えればできるが、咄嗟にはできない人」は実はけっこういるんじゃないか?と勘繰ります。
だからどうこうという結論はないのですが、本人はできると思っていても、または意識していない事でも、実は人並みにできない、ということもあるのだろうと感じました。現実は即興で、ペーパーテストとは違いますからね。
 
医療的・社会的に理由があって、グラデーション状である自閉傾向とか色々な病気に診断名をつけますが、マジョリティがマジョリティである理由は「数が多い」これだけです。
すべての評価は相対的である、そして人間は根本的に無知であると知って、いばらずに過ごしていきたいですね。