【実践版】考えすぎない練習

「考えすぎ」な君へ送る いにしえからの処方箋

なんじゃこのタイトル画は って感じですが、たまにはデザイナーの卵的なところを見せます。

背景の海写真は、去年湘南に旅に行った時に撮りました。楽しかったな。

 

「つい考えすぎてしまう...」と困っている友人がリアルに数人いるので、考えすぎないように練習する方法を書こうと思います。

まず、なぜ考えすぎてしまうのか説明し、次に思考を減らすための具体的な練習法を書いていきます。

この記事を読み進めながら、実際に練習に取り組める構成にしますので、よかったら試してみてください。数分でできます。

最終的には「思考を完全に止められる」のが理想なんですが、それだと「なんだか人間じゃなくなってしまうみたい」と感じるかな?と思うので、ハードルを下げるため「考え "すぎ" ない」としました。

 

自分勝手な脳

なぜ「つい考えすぎてしまう」のか、その理由を書いていきます。

脳というのは、いつも刺激を求めています。楽しい旅行やドキドキの恋愛だけではなく、日常生活のあらゆるところで「脳の電流がビリビリきて刺激的!」を求めて、勝手に思考を開始します。

ビリビリの刺激は、強ければ強いほど(脳としては)気持ちよくて、そのベクトルは喜びでも悲しみでも怒りでもかまわない。

ですから、何かが起こると脳はその出来事を「解釈」したり「意味付け」したり「脳内で反論」したりして、よりドラマチックで刺激的な出来事に改造します。これは、おそらく殆どの人に元々備わっている自動機能です。

例えば、新しい仕事が入ってきたとき「ああ大変だ!忙しくなるぞ!!」と、「大変だ〜大変だ〜!!ウワアアア!!」という状態になるのは、間違いなく「嫌な気分」なのですが、脳としては「焦った刺激がビリビリきて、強烈な生きた心地がする、最高!」なのです。

寝る前に「死ぬのは怖いなあ」と考え始めて、「怖い怖い!!死んだらどうなるんだろう?!知覚が消える?魂は続くのか?!ウワアアア!!」となるのも、やっぱり「嫌な気分」なのですが、脳に言わせれば「強烈な恐怖で、最高に生を実感している!!」という感じなのです。

 

脳が無駄にフル回転

          ↑脳のせいで疲れているのだ。

 

は勝手に大騒ぎを起こしますが、現実は、こうです。

・新しい仕事が来たら、できるだけ一生懸命やるけど、無理そうだったら事情を説明する。

・死ぬのは怖いが、避けられないし、死んだらどうなるか誰もわからない。

ただ、これだけです。

「大変だー!!」と思うことはありません。

仕事をこなさないと怒られる?どうしても怒られるなら、そのまま怒られておくほかありません。

死んだら困る?そりゃそうです、みんな同じです。避けられません。

 

出来ない事、どうしようもないことは受け入れるより仕方がない。どれだけ妄想しても何も現実は変わらないし、心を荒らすと良いことが起こるなんて因果関係は科学的にありえない。

それなのに、わざわざ「大変だ大変だ」と、頭の中だけで「私はなんてドラマチックな状況にいるんだろう!!」と酔っ払っている。

なぜそんなことをしてしまうのか?それは、脳が「ビリビリ生きた心地」を求めているからです。

あなたは、あなた自身の脳にこき使われて、「分かっちゃいるけど」クタクタに疲れているのです。

脳は自分勝手なもので、思考によってあなた自身を無駄に苦しめ疲れさせているのだと、まずは知ってください。

 

「考えている」と気付くための練習

脳は身勝手で、好き勝手にビリビリ刺激を求めて妄想すると分かりました。放っておくと勝手に思考が始まります。この自動思考を止めれば、無駄な苦しみも止まります。

自動思考を止めるためには、「あっ、私は今、思考をしているな」と気付き、「じゃあ止めよう」と思って、実際に止めることが大事です。

とはいっても、ちゃんと自動思考に気付いて、更にそれを止めるのは、最初は結構難しい。なんといっても、脳自身がしたくてしている思考ですから、止めるのは抵抗感があるのです。

ということで、いきなり目に見えない思考に取り掛かるのではなく、まずは「私の身体は、今何をしているか?」に気付いていくことから始めましょう。

 

さて、ここからは実践編です。

いつもと少し違う深呼吸をします。といっても、ポイントは一つです。

呼吸をすることに集中してください。

あぐらをかいて背筋を伸ばすと良いです。あぐらが無理なら、イスに座ってでもいいです。電車の中で立ちながらは、最初は難しいので、落ち着いたところで改めてお願いします。

 

では、ゆっくり深呼吸をしましょう。

 

息を吸ってますか?
確認してください。
「あっ、今自分は、息を吸っているんだなー」と。

 

一旦、息を止めて、吐き出しましょう。

 

息を吐いてますか?
「あ、今は、息を吐いているんだなー」と気付いてください。

 

すってる・はいてる

      ↑しっかり集中すると、思考を休止できるのだ。

 

「息を吸っている、吸っている、吸っている……」

「息を止めている、止めている、止めている......」

「息を吐いている、吐いている、吐いている……」

ゆっくり、実況中継みたいにしてください。

 

今この瞬間、自分の身体が何をしているのか、しっかり確認してください。さっさとやったら意味がなくなるので、落ち着いてしましょう。

途中で妄想や思考が出てきます。そしたら、「あっ、思考が出てきた」とだけ思って、放っておいてください。その思考を捕まえずに、呼吸に集中を戻してください。

そのまま、目をつぶって10回、続けてみましょう。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - -

しっかり10回できましたか?お疲れ様でした。いいですね。
真剣にやったなら、多分、頭がちょっとジワーッとして、思考がクリアに近づいて、少しスッキリしたんじゃないかと思います。

 

さて、今してもらったのは、実は 瞑想 です。

目をつぶって、背筋を伸ばし、呼吸に集中する。雑念に気付いて、流していく。これは瞑想の一種です。意外と怪しくないでしょ?

今の瞑想を、寝る前に10分からでいいので、毎日続けてみてください。余裕があるなら、一時間でも一日3回でもしてください。

毎日少しずつ頭がスッキリしていくと思います。

ちゃんと真面目にやったら、適性で差があるとは思いますが、およそ二週間〜一ヶ月で、「頭がシーンとなる瞬間」が来るかと思います。

なんの思考もない、穏やかで平和な感覚が、ただスーーと流れているだけの、良い状態が来ます。その体験には、かなりの安心感があります。

それを経験したら、今とはすっかり違う、思考の渦に飲み込まれることのない、落ち着いた頭と心になっていますよ。

 

寝る前以外も練習したい人へ

勤勉なあなたには、立ってる時もいつでもできる練習法を教えます。

さっきは座って呼吸に集中しましたが、今度は歩いてる時に、歩きに集中してみましょう。「右足上げます、右足降ろします、左足上げます、左足降ろします…」と、歩きを脳内実況します。実際に歩くスピードでやると「右足、左足、右足...」となると思いますが、それで大丈夫です。

歩きじゃなくてもできます。例えば、体のどこかが痒くなった。そしたら、「痒みがあります、手を上げます、痒いところに移動します、肌に指が触ります、動かします、手を離します、腕を降ろします」と脳内実況してみましょう。ゆっくりやると効果大です。

ポイントは、「今、自分は何をしているのか?」ちゃんと気付くことです。

自分の動きを実況するのに慣れてきて、瞑想もしていたら、そのうち「今、自分が思考をしていること」にも気づけるようになってきます。

そこまで来たら、しめたものです。その頃には、もう脳が問題なのが分かっていますし、瞑想で「思考を捕まえなくても大丈夫なんだ」と知っていますから、思考を止めることに抵抗が無くなっています。

 

気楽に生きるのは、いいことだ

まあ、気軽にやってみてください。「しない奴は、劣っている」とかいう話じゃないので、試しに「どれどれ、どんな感覚になるのかな?」と、とりあえず一回やってみれば良いんです。今すぐ無料で、なんの個人情報も渡さずに、一人で勝手にできるんだから。

私のような素人の記事でやるのは心配だというなら、以下のサイトを参考にするといいでしょう。

ヴィパッサナー冥想

トップ画に「いにしえからの処方箋」とありますが、この「瞑想で思考を休ませよう」という実践法は、大昔のインドで生まれたのです。

興味があったら、色々ググってみましょう。キーワードとしては「ヴィパッサナー瞑想」「サマタ瞑想」「悟りの階梯」「原始仏教」あたりでしょうか。

 

瞑想や自己観察をしていくことで、だんだん冷静になっていきます。落ち着いてきます。

超能力やら金運やら宇宙の愛で引き寄せなどは別にないのですが、瞑想などで「自分勝手な脳」をリードに繋ぐことに成功すると、生きるのが気楽に思えてきます。

考えても仕方ない事をくよくよ考えなくなり、脳エネルギーの無駄が省けます。そうすれば、疲れが減ります。効率よく脳のリソースを割ければ余裕ができるし、何より周りの人は「あなたの疲れが少なくて良かった」と思います。

そんなわけで、気楽に生きるのは、いいことです。

 

じゃ、今日は寝る前に瞑想しましょう。私もしますから。

読んでくれてありがとう

広告を非表示にする