嫌な記憶を軽くするには、自我という「番犬」をしつけよう

どうもです。

まずは雑談。

このあいだ、友人がメロディックスピードメタルに興味があるということで、一緒にTwilight Forceのライブ(Evoken Fest 2017)を見に行きました。

私は普段主にメロディックデスメタルを聴いているんで、そこまでメロスピには詳しくないのですが、友人のメタルライブ初参戦ということで付き添いました。

そしたら、彼女の好きなTwilight Forceに私が興味を持ってしまいました。

↓ちなみにこんなバンドです。ゲーム音楽やアニソンが好きな人には超おすすめ。

いやー、これだから面白いですね。

じゃ、さっそく書いていきますよ。

自我という番犬

例えば、過去に特定の人から嫌がらせを受けていたとします。

そこで「私」は、「嫌だなあ」と感じ、それで「あの人は嫌な人だ」と定義するわけです。

ここで「嫌だなあ!」と感じているのは、誰でしょうか。

「私」でしょうか?

そう見せかけて、本当は、自我ですね。

「自我」と「私」は、ちょっと違います。理想形は「私が、自我をコントロールする」ですが、何もしなければ大体「自我が、私をコントロールする」状態になっています。自我のコントロールは、瞑想で修得できます。

自我をぐっすり眠らせている状態だと、一般的に嫌なことがあっても「あらあら、しょうがないね」程度にしか思いません。体験済みです。

では、自我は何故わざわざ「嫌だなあ!」と感じて、私たちを嫌な気持ちにしてくるのでしょうか?

それは、過去の記憶に基づいて、「嫌なこと」「嫌な人」から私たちを守ろうとしてくれてるんですね。

過去にああいう 嫌なこと があった。もう二度とあんな 嫌な思い はしたくない。だから、 嫌な人 から距離を置こう。距離を置くためには、注意信号を送らないといけない、じゃあ 嫌だという気持ち を出そう。...ということです。

自我は、精神の番犬として、私たちの健康を守ろうとしてくれています。

...が、あまり頭は良くないようです。

パブロフの番犬

自我は感度の良い番犬なのですが、ちょっと単純すぎるところがあります。

すなわち、相手が武器を持っていなかろうが、自分から遠いところを歩いていようが、とにかく視界に入ったらドンドン反応してしまう。「番犬である以上、俺はある程度戦えるぞ。だからムダに吠えず、今は眺めておく」ということは、番犬自身にはできない。

遠くに見えただけで、勝手に「見えた!じゃあ攻撃してくるぞ!!」と、ムダに戦闘態勢を取ってしまいます。視界に入ったら即反応。

パブロフの犬と同じです。ばか犬です。

 

パブロフの犬「Aが出たら、イコールBが出ることだぞ」と覚えて、Aに対してBが出た時の反応をしてしまうのです。

このばか番犬も、「あいつには嫌なことをされた。だから、あいつには気をつけよう」というのを一生懸命覚え込んで、「あいつは嫌だ!嫌だ嫌だ!!」に変えてしまっています。

こうなると、困るのは誰でしょう?

そう、「私」ですね。

何も起こっていないのに、自分が見張りをさせている、味方のはずの番犬に嫌な気持ちにさせられています。

悪人と悪事の関係

それから、これにも触れておきます。

嫌な人を見たり、話題に上がったりした時、嫌な気持ちになる。

その人が「嫌な人だから」...と思いますが、実際それは「自分で作った定義」です。

嫌なこと自体は、過去の出来事です。もう自分の前には出てきません。そしてその「嫌な人」は、24時間365日必ず「嫌なこと」をしているわけでもありません。

「あいつが嫌だ嫌だ」と何度も思う気持ちは、自我が勝手に思い出したり想像したりして作っているのです。番犬が過剰反応しているだけで、実際は他の通行人と同じ、気にさえしなければただの人です。

「嫌なことをされたから、嫌いだ」「悪いことをしたから、悪人なんだ」と最初は思うのですが、そのうち「嫌いだから、嫌なことをされるんだ」「悪人だから、悪いことをするんだ」とごっちゃになってきます。

悪人と悪事、どっちが先か?

もちろん、悪事が先ですね。「悪事を働いた人」が「悪人」であって、「悪人のすることは悪いこと」ではない。暴走族が老人に席を譲った時に「悪人がやったから、席を譲るのも悪いこと」にはなりません。

それと同じで、「嫌なことをされたから、あいつとは距離を置こう」はいいのですが、そのうち気付かぬ間に「あいつは嫌なやつだから、もう関わらない」になったりするのです。これは対処法ではあれど、真実ではありません。

このブログで何度も書いているように、「“私” はいない」。「“私” が “私として” 在ること」を決定づける絶対的なコアなど、どこにも存在しない。

同様に「“あの嫌いな奴” もいない」のです。「嫌な奴」というコアは、ありません。それは経験則、もっと言えば色眼鏡に過ぎない。

信憑性はありますし、防衛手段としては合っているのですが、性格も立場も変化します。固定されているものは無いです。

人間関係なので、「いることにしないと成り立たなくなる」、だから便宜上「ああいう奴」と言いますが、本当は「あの嫌いな奴」など、いません。

みんな仮象、思い込みです。

だから、その思い込みさえなくせば、せめて減らせば、気分が楽になります。

いろいろ書いてきましたが、もっとも肝心なのはそこです。

番犬をしつけよう

気分を楽にするため、愛しいばか犬「本当は大丈夫だよ」と教えてあげましょう。

さて、ここで想像してみてください。

あなたの精神の入り口には、番犬がいます。普段は、小屋の中で寝そべりながら見張っています。

もっと精神の深いところには、あなたがいて、遠くから番犬を眺めています。

私は犬なら笑顔の可愛いコーギーとイケメン強面なハスキーが好きですが、ここは私らしく、闇の犬といえばケルベロスにしておきます。ちなみに私は犬と猫なら犬派ですが、最強は鳥です。

...はい。

で、「自我こそが自分だ」と思っている人の場合、その犬には首輪や鎖はついていません。だから、嫌なことがあったりすると番犬が飛んで行ってしまって、自分はそれを捕まえに行かなきゃいけない、つまり自我に振り回されることになります。自分という精神の主人が感情を追いかけて、いるべき場所(精神の天守)を離れてしまうから、変なことになってしまう、ということです。

一方「自我に振り回されてるぞ」と気づいている人の犬には、鎖がついてます。あなた自身が、ちゃんと鎖を付けたのです。嫌なことがあって、感情が動いて犬が「ガッシャン!!」と前のめりにはなっても、それを眺める私自身は犬を追いかけなくて済みます(鎖は毎日手入れ...瞑想しないと、強い感情には引きちぎられる)。

 

こういう風景の中で、もし番犬が頻繁にガッシャンガッシャンやっている、というなら、「何かいるのか?」と聞きに行きましょう。

「おれ、あの いやなやつが みえたんだ!しゅじん、いやだろ。だから、たいへんだと おもって・・・・」

とか言います(喋る犬)。

ケルベロスだったら、

「あの愚か者が視界に入った。目障りだろう。主人が望むなら、奴を抹殺する準備はいつでもできている」

とかですかねぇ(うっとり)(中二病)(流石に自我で相手は殺せないよ)

...はい。

で、そしたら、

「いつもご苦労。理由は分かった。でもな、お前は強いんだ。本当に強い奴は、どっしり構えているものさ。いざとなれば援軍も送る。だから、あいつが見えても、こっちに来るまでは眺めておけばいいんだよ」

と教えてあげましょう。

毎回ガッシャンガッシャンやると、番犬も大変でしょうから、休ませてあげましょう。

ばか犬なので、すぐ完璧にはできないでしょうが、何度でも教えこめばいいのです。

自分は、自分が思っているよりも強いのです。

だって、その「嫌なこと」の実体験を乗り越えてるんですからね。